産後の脇の臭いが気になる!原因と改善方法について

出産後に脇の臭いが気になるという方がいますが、女性の身体は妊娠と出産であらゆる変化が起こります。体臭もそのうちのひとつ、妊娠前は脇の臭いなんてまったく気にならなかったのに、産後から突然強くなったという場合があります。なぜ産後は脇の臭いが強くなるのか、原因と対策についてご説明したいと思います。

産後の脇の臭いはホルモンの変化のため

産後に脇の臭いが強くなるのは決して気のせいではありません。産後は男性ホルモンの影響が強くなり、アポクリン腺の働きが活発になります。ワキ汗が増えれば必然的に菌も繁殖しやすくなりますので、産後は脇の臭いが強くなりやすい状況があります。

また産後は免疫力が低下するため、菌の働きが優位になり皮膚の常在菌も活発に。雑菌が多くなりやすいところで、さらに育児のために時間がなくセルフケア出来ないことも肌を衛生的に維持できない理由になってしまうのです。

いつまで脇の臭いは続くの?

産後の脇の臭い、一体いつまで続くのかとても不安になるでしょう。授乳をしている場合は、終了した後にホルモンバランスが安定するためアポクリン腺や皮脂腺の働きが通常に戻ります。そのため授乳期間と比例しますので、1年ほど続くこともあるでしょう。

授乳中は乳腺が発達し発汗量も増えるので、時間があるときにシャワーを浴びる、汗をこまめにふき取るなど意識してください。妊娠する前からワキガだった人は出産により臭いが強くなったまま、また慢性化する可能性もあります。どうしても気になるときは医療機関で相談するのもよいでしょう。

オススメの脇の臭いの対策方法について

産後の脇の臭い対策は、忙しい育児のなかでも簡単にできる方法が一番です。市販のデオドラントを使うのもよいのですが、商品によっては強い成分や添加物が配合されたものがありますし、授乳中は万が一のことを考えると赤ちゃんへの害も不安になりますよね。

オススメは無添加のワキガクリーム。1日1回の使用で消臭効果が一日持続しますし、敏感肌の方も安心して使えます。また赤ちゃんにも低刺激なので万が一肌に付着しても心配ありません。また時間があるときは軽くストレッチやお散歩で体を動かし代謝を活発にしておくといいですよ。

食生活で注意したいこと

産後の脇の臭い対策は、授乳中の場合は栄養補給がとても重要になりますので、栄養価の高い食生活をまず意識し、さらに臭いの原因を控えましょう。授乳中は貧血になる人も少なくありませんので、鉄分やカルシウム、また腸内環境を整ええる善玉菌や食物繊維が多いキノコ類や海藻、野菜を多くしてください。

逆にアポクリン腺を活発にする油っぽい食べ物、食品添加物、加工食品、糖分などは控えて、体のなかからもしっかりワキガ対策をしましょう。栄養バランスの整えった母乳作りは、体臭予防にもなる共通ポイントがありますのでぜひ参考にしてください。

コメントは受け付けていません。