緊張すると脇汗が臭い!こんな場面ですぐにできる対処方法

人前で話をする時や好きな人の前など、心臓がどきどきする場面って全身びっしょり汗をかくことがありますよね。緊張すると汗をかくのは人間の体の働きでどうにもならないこと、かもしれませんが、困るのは脇汗の臭いが強くなるケース。緊張した後にツーンとしたあの特有のワキガ臭が漂ってしまうとさらに不安になり、もっと緊張汗をかいてしまうこともあるでしょう。

ドキドキしている時は汗のことまで頭が回らないかもしれませんが、脇汗が臭いのは事前に予防策を行っておきたいですよね。そこで早速ですが緊張して脇汗が臭い原因と、その場でできる対策方法について詳しくご紹介しましょう。

緊張すると脇汗が臭いのは

  • 原因について
  • リラックスしよう
  • 制汗剤を使う
  • シートタイプデオドラントで汗を拭く
  • 深呼吸をして汗腺を安定させる
  • 心理療法をうける

以上6つのポイントをみていきましょう。

暑くなくてもかいてしまう緊張汗とは?運動した時の汗との違い

人間の体からでる汗って同じように見えますが、種類は色々で健康を維持するために欠かせない大切なものです。ストレスが多い現代社会、緊張や不安による汗で困っている人が増えているといわれますが、汗だけならまだしも緊張すると脇汗が臭いという厄介な症状につながる場合があります。

基本的に体の体温調整として働く「温熱性発汗」は運動している時や皮膚温や体温などの情報を脳がキャッチして体温調整中枢が汗を出すように指令を送ります。体温を下げるための汗はエクリン腺から分泌されるもので、さらっとした汗が特徴。これとは別の精神性発汗は緊張汗とも呼ばれ、脇や足の裏、手のひらなど限定された部位から発汗が起こります。

緊張で脇汗が臭いのはこれらの特定の場所に集中しているアポクリン腺からの汗で、なぜ精神発汗とアポクリン腺が連動するのかまだメカニズムでわからない部分もたくさんあるのです。現在の段階では緊張すると自律神経が不安定になり、交感神経が優位になることでアポクリン腺が敏感になるという説が有力と言われています。

汗はとても不思議なもので、温熱性発汗と精神性発汗はそれぞれが独立しているものではなく、運動している間に緊張汗をかくこともあれば、逆に緊張してエクリン腺が活発になることもありますよ。

緊張した時に汗をかかないためにはリラックスが必要

緊張すると脇汗が臭いと感じるのは皮膚の菌が喜ぶアポクリン腺の汗が増えるため。汗をこまめにふき取ったとしても緊張するシーンが続いてしまえば、根本的な原因は改善されません。

大勢の前でプレゼントしないといけないシーン。こんな時はドキドキするのは当たり前ですから、少しでも緊張汗を減らすためにはリラックス技がないといけませんよね。緊張するのはなぜか、失敗したくないから、人目が怖いからなど自分なりに理由があると思います。下準備をしておけば多少は緊張が和らぐこともありますし、音楽を聴いてリラックスできるなんて人もいるでしょう。

いますぐリラックスしたいと思った時は以下のような方法をトライしてください。

緊張汗を減らすためのリラックス法

  • ガムをかむ
  • 違うことを考える
  • 誰かと話をする
  • 軽くストレッチをする
  • 散歩する
  • 緊張してもいいと開き直る

緊張する前に制汗剤でしっかり予防しておく

緊張を軽減させるには色々なトリックがあります。でも今が勝負、というときはどうしても緊張するのは仕方がありませんよね。ドキドキ緊張して脇汗が臭いとどうしよう、そんな余計なストレスがあるとさらに不安になるでしょう。

初めてのデートなど一日中緊張している日はその場だけ何とかするわけにもいきませんよね。こんな場合は緊張するだろうと思われるシーンの前に、しっかり制汗剤で臭い対策しておきましょう。緊張で脇汗が臭い時はアポクリン腺の働きが過敏になっているサイン。この汗を防ぐためには制汗成分と臭い菌の繁殖を防ぐための殺菌成分が配合されたワキガ用デオドラントがオススメです。

ワキガクリームなら成分が皮膚にしっかり浸透されるので、ドキドキして額からドバっと汗をかくようなシーンでも、脇汗はしっかりブロックされていますよ。また持続時間が長いので一日緊張しやすい大切な日の脇汗対策にもオススメです。

デオドラントシートを使ってさっと汗を拭きとる

緊張して脇汗をかいてしまった、そんな時はその場でなんとかしても心配なのがその後のこと。汗は時間がたつと皮膚の常在菌がどんどん繁殖するので汗をかいたその時よりも時間が経過したほうが臭いが悪化しやすいのです。

緊張性発汗は自律神経の乱れやストレス、過度な緊張が理由になります。アポクリン腺とエクリン腺が同時に過敏になることもあり、汗をしっかり拭き取らないと臭いの元に。緊張したその場でできるのはデオドラントシートを使い消臭効果の高い成分で脇を綺麗にふいておきましょう。

緊張汗は脇だけでなく足の指や乳輪などの部位のアポクリン腺も過敏になっている可能性がありますので、ほかの部位からの臭いケアも忘れずに行っておくことが大切です。

腹式呼吸で副交感神経を優位にしよう

緊張した時にリラックス効果が高く脇汗を抑える働きがあるのが「腹式呼吸」です。毎日何気なく呼吸する人間の体、方法を変えるだけで色々なメリットがあります。腹式呼吸には以下の効果がありますよ。

腹式呼吸の効果

  • ダイエット
  • 脂肪燃焼を高める
  • 自律神経を整える
  • ストレスの軽減
  • 血行の改善
  • アンチエイジング
  • 声量が増える
  • 免疫力がアップする

様々なメリットがある腹式呼吸ですが、リラックスにつながるストレス軽減や自律神経の安定は、アポクリン腺の働きを抑制するためにも効果がありますので、緊張する場面ではゆっくり腹式呼吸でリラックスしましょう。

やり方は仰向け、もしくは椅子に座った状態でお腹に手をおいて3秒間かけゆっくり息を吸い込みます。この時にお腹が膨らむことを確認。息を吐く時はさらに時間をかけて6秒間、ゆっくり肺の中の空気を全部出すようにはきだしてください。これを1セットで10~15回繰り返し、1日3セットを目標にしてみましょう。

緊張する時は腹式呼吸を続けリラックスするまでゆっくり繰り返してください。その場でできる方法なのでぜひトライしてくださいね。

心理療法をうけて発汗機能を安定させる

精神的疾患により緊張汗をかいてしまう「多汗症」など、体質が関係している脇汗の場合があります。この場合は心の奥底に潜む不安や原因を解決しないといけませんので、心理療法が取り入れられることもあります。

呼吸法は心理療法のひとつですが、ほかにもグループセッションで同じ悩みを持つ人と意見交換して、客観的に自分の心の闇と向き合う方法や、心と体を連動させる一種の自己催眠のような方法など色々あります。

自分で簡単にできるデオドラントケアは脇汗を予防する効果があり、少しでもよくなると不安が取り除かれ症状の軽減につながることもあるでしょう。どうしても不安な時や汗が止まらないほど大量に出てくるときは、医療機関で自分に適した治療を受けることも必要ですね。

コメントは受け付けていません。