脇の臭いを消す食べ物はある?体臭と食べ物の関係を解説

脇の臭いはアポクリン汗腺から分泌される汗が直接の原因です。アポクリン汗腺の量は遺伝によって決まるため、脇が臭いやすいかどうかは体質によって決まる部分が大きいと言えます。

「体質だったら諦めるしかないの?」そんな風に思う方もいらっしゃるかも知れませんね。確かに、食べ物でアポクリン汗腺の量を減らすことはできません。でも、アポクリン汗腺から分泌される汗の量や質は、食べ物と大いに関係しています。つまり、脇の臭いは食べ物によって軽減することや、気にならないところまで消すことも可能なのです。逆に食べ物によって脇の臭いが悪化することもあるため、食事の内容については十分気を付ける必要があります。

脇の臭いと食べ物の関係について、解説して行きます。

アポクリン汗腺と食べ物の関係

日本人は欧米人に比べてアポクリン汗腺が少ないだけでなく、食生活の違いから体臭も少ないと言われていました。しかし食生活の欧米化やファストフードが手軽に楽しめるようになったことなど食生活の変化から以前に比べ体臭が強くなる傾向にあります。

肉類や乳製品など、動物性たんぱく質や脂肪を多く含む食品は、アポクリン汗腺を刺激して活動を活発にします。さらに皮脂の分泌も増えるため、もともとアポクリン汗腺の量が多いワキガ体質の方はもちろん、ワキガ体質でない方も脇の臭いがきつくなる原因になるのです。

「お肉が大好き!」と言う方は、お肉と一緒に野菜をたっぷり摂る、鶏肉や七面鳥など臭いを抑える効果があると言われる「白身の肉」を選ぶなど工夫しましょう。

また、アルコールやタバコもアポクリン汗腺を刺激して汗を増やすため、脇の臭い悪化の原因になります。お酒やたばこはそれ自体も体臭悪化の原因なので、健康のためにも適量を心掛けるようにしたいですね。

臭い・刺激の強い食べ物に注意!

ニンニクやニラ・ネギなど臭いの強い食べ物を食べた後は、口臭が気になるものです。食べた直後は強烈な臭いがしていても、口臭自体は1時間ほどでおさまることがほとんどです。

実は、そのあと臭っているのは「皮膚ガス」と呼ばれるもので、体内に取り込まれた臭いの原因物質が、血液にのって体中に運ばれ、汗と一緒に体全体から出ているのです。特にニンニクの臭いは平均で10時間以上続くと言われているので、デートの前などは要注意ですよ。

香辛料やスパイスなど刺激の強い食べ物も、汗の量が増える原因。キムチなど臭いと刺激の強い食品は、食べるタイミングに注意が必要です。

脇の臭いは腸内環境とも関係あり!

腸内環境が悪くなると悪玉菌のつくりだす有害物質が増え、便秘や下痢などの症状が現れます。また、腸内に腐敗した食べ物がたまることでガスが発生し、発生したガスはおならとしてだけでなく、体中に運ばれて口や汗腺から排出され、口臭や体臭の原因となるのです。

もともと脇の臭いが気になっていた場合には、腸内環境が悪化すればさらに臭いがきつくなります。腸内環境を整えることは、脇だけでなく口臭・体臭を含めた臭い対策の観点から非常に重要なポイントです。

脇の臭いを軽減するための食事のポイント

脇の臭いを食べ物だけで消すことは難しいかもしれませんが、食事内容の見直しは臭い軽減のための有効な方法です。脇の臭いを軽減する食生活は、体にいい食事とほぼ同じ。健康のためにも、次のポイントに注意して食事の内容を見直すところから始めましょう。

食生活見直しのチェックポイント

  • 動物性たんぱく質・脂質を摂り過ぎない
  • 刺激・臭いの強い食べ物は控える
  • 腸内環境を整える食事を心掛ける
  • アルコールやタバコはほどほどに

コメントは受け付けていません。